工場内

会社概要

代表取締役社長 矢木 孝

当社は2019年4月1日に、既にNOK株式会社の宮城地区衛星企業であった宮崎工業株式会社(加美郡)と仙北工業株式会社(登米市)が合併し、NOK100%出資子会社の「宮城NOK株式会社」として新たな一歩を踏み出しました。

宮崎工業、仙北工業ともに、45年以上の歴史を歩んできましたが、両社とも事業活動を継続するためには、地域社会とのコミュニケーションを大切にし、「地元に根差した、地元から愛される企業」であらねばならないと常に考え、これまでも、事業場周辺での地域貢献活動や、種々の社会貢献活動に積極的に携わってきました。

また、安全、品質、環境への取り組みは、決して疎かにしてはいけない最重要項目として捉えるとともに、親会社NOKの経営理念である「人間尊重経営」を実現するため、風通しの良い組織を整えて、従業員がやりがいを感じて働くことのできる職場づくりに力を入れて取り組んできました。

新会社「宮城NOK株式会社」となりましても、この考え方、姿勢、取り組みを変えることなく、NOKグループの宮城県における重要拠点として、また地域産業の発展のために、微力ながら貢献していきたいと考えております。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

代表取締役社長矢木 孝

宮城NOKのプロフィール

NOKは、日本初のオイルシールメーカーです。NOKの技術から生み出される、オイルシールやメカニカルシール等の機能部品は、自動車業界だけでなく様々な領域で活躍しています。なかでもNOK福島事業場(福島県福島市)と二本松事業場(福島県二本松市)は、オイルシールの主力生産拠点として切磋琢磨を続けています。両事業場の自動車用オイルシールは国内で70%のシェア、海外では50%のシェアを誇り、世界トップとなっています。

NOKの一翼を担うグループ企業として私たちは、同水準の品質を永続的に保障するため、常に品質管理活動を実施できる体制を整えております。今後もコスト削減を徹底し、収益体質をより強固なものとすると同時に、社員と地域の「愛情と信頼」の絆をさらに強くし、企業発展の最大の原動力として実施してまいります。

また、環境保全管理も徹底し、会社の永続的な発展と地域社会に貢献する企業として邁進する所存です。

オイルシール

会社概要

工場外観
商号 宮城NOK株式会社
所在地

本社・宮崎工場
〒981-4401 宮城県加美郡加美町宮崎字屋敷4-11
TEL:0229-69-5213 FAX:0229-69-5896

登米工場
〒987-0444宮城県登米市南方町実沢45-2
TEL:0220-58-2172 FAX:0220-58-2017

設立 2019年4月1日 (平成31年4月1日)
代表者 代表取締役社長 矢木 孝
主要取引先 NOK株式会社
取引銀行 七十七銀行、JA加美よつば、仙台銀行

沿革

1968年4月1日 NOK㈱福島工場(現オイルシール事業部)設立
1973年1月23日 宮崎工業㈱設立
1973年7月1日 宮崎工業㈱創業開始
1974年2月 仙北工業㈱設立
1998年5月13日 オイルシール事業部 「ISO9001」認証取得
2000年10月 仙北工業㈱第2工場増築
2002年3月2日 オイルシール事業部 「ISO14001」認証取得
2004年10月 仙北工業㈱第3工場増設
2006年3月 宮崎工業㈱が「ISO14001」認証取得
2006年3月 仙北工業㈱が「ISO14001」認証取得
2015年4月 宮崎工業㈱が「ISO9001」認証取得
2015年4月 仙北工業㈱社屋新築
2015年5月 仙北工業㈱が「ISO9001」認証取得
2018年12月 仙北工業㈱連結棟増築
2019年4月 宮崎工業㈱と仙北工業㈱が合併し宮城NOK株式会社誕生